寺院概要

 宗教法人 選擇寺 (せんじゃくじ)

 代表役員 住職 選擇院 釋興真 (せんじゃくいんしゃくこうしん)

副住職 選擇院 釋信楽 (せんじゃくいんしゃくしんぎょう)

所属宗派 真宗高田派 (本山:三重県津市一身田町、専修寺)

 御本尊   阿彌陀如来像 (上田直次 作)

 

 「霊鷲山選擇寺」の霊鷲山(りょうじゅせん)とは

   インドのビハールという地方の、標高5百メートル程の小高い山です。

   ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%8A%E9%B7%B2%E5%B1%B1

   約二千五百年前、お釈迦様が説法をされていたとされる伝説の山でした。

   インド仏教が、他教徒からの武力侵攻によって滅亡してしまった、西暦

  1203年から丁度7百年後である明治36年(西暦1903年)、日本の浄土真宗

  本願寺派の派遣した「大谷探検隊」の調査によって特定され、世界に発表。

  数年後に、インド政府が「大谷探検隊」の調査結果を追認した事によって、

  「伝説の謎の山としての7百年の歴史の闇」に終止符が打たれました。 

  つまり、日本の仏教界と大変縁の深い山である訳です。

   当時7歳だった髙名宗徳少年(後の選擇時開基髙名興仁上人)は、青森の

  お寺の子供だったのですが、世界を驚かせる大発見をした日本人の活躍に、

  大きく胸を躍らせていたのではないかと思われます。

   それは、その歴史的大発見から49年後、髙名先生が当選擇寺を開山される

  際に、霊鷲山の名を山号に選ばれた点に加え、先生御自身が生前に建立され

  た「開基堂」の脇に、霊鷲山の山頂部に有る、特徴的な岩と酷似した、大掛

  かりな岩のオブジェを残された事からも、容易に想像出来ます。

 

(選擇寺開基堂横の岩)

(釈迦説法の地、霊鷲山の山頂の風景)

御連絡

 

R2.4.23

 永代供養墓

 パンフレット

 閲覧出来ます。

 

R1.7.26

 慶念房(続き)

 

R1.6.30

 慶念房

 

R1.6.24

 気が早い様ですが…

 

R1.6.22

 R1永代経法会

 霊園蓮池にて

 

R1.6.19

 御参列御礼

 R1永代経法会

 

R1.6.15

 本日より三日間、

 R1永代経法会

 

R1.5.26

 西和賀の美しい藤

 

R1.5.19

 R1永代経御参拝の栞

 

R1.5.1

 改元「令和」

 

H31.3.13

 新元号について

 

H31.2.28

 興隆上人七回忌法要

 

H31.1.1

 あけましておめでとうございます。

 

 

 真宗高田派

  霊鷲山選擇寺

<住所>

〒024-0331

岩手県北上市和賀町

横川目7-158

<℡&fax>

0197-72-2042